五輪「中止」43%、「再延期」40% 朝日世論調査

有料会員記事

[PR]

 15、16日に朝日新聞社が実施した全国世論調査(電話)で、東京五輪パラリンピックの開催をどうするのがよいかを3択で聞くと、「中止」が最も多く43%、「再び延期」が40%、「今夏に開催」は14%にとどまった。4月調査と比べ、「中止」が大きく増え、「今夏」は半減した。

 「中止」は、高齢層で特に高く、60代では54%、70歳以上は51%。内閣支持層では「再延期」が46%と多めだが、「中止」も27%いて、「今夏」の24%を上回った。開催地東京では「中止」46%、「再延期」30%、「今夏」21%の順だった。

 菅義偉首相の「安全安心の大会の実現は可能」との発言を「納得できない」人(全体の73%)に限ると、「中止」が53%と半数を超え、「再延期」が40%、「今夏」は6%だった。一方、首相発言を「納得できる」人(全体の20%)では「再延期」が42%で、「今夏」が39%だった。

 今夏に開催する場合に観客をどうするのがよいかも尋ねた。「観客なし」が59%(4月は45%)に増え、「観客数を制限」は33%(同49%)に減った。「通常通りの観客数」は3%(同2%)だった。内閣支持層では、「無観客」48%、「制限」44%だった。

 新型コロナウイルスのワクチ…

この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。