若狭牛放牧、獣害対策に効果てきめん「今年もワクワク」

佐藤孝之
[PR]

 福井県鯖江市の河和田東部地区で16日、若狭牛2頭の放牧が始まった。山際の雑草を食べさせることでイノシシによる農作物被害をなくそうと2007年から続けており、効果はてきめん。牛たちは地域住民のかすがいにもなっている。

 取り組むのは住民有志でつくる「河和田東部美しい山里の会」。牛が生い茂った雑草を食べると、イノシシは身を潜める場所を失って田畑に現れなくなるという。現在は市の獣害対策事業になっている。

 この日は、敦賀市の滝沢牧場から妊娠中のメス「ふくはな」「はせ202」が到着。2頭は電気柵で囲った一画に放されると、草を食べたり駆け回ったりしていた。放牧で丈夫になり、安産にもつながるという。

 事務局の小部直樹さん(70)は「牛を交代で見守ることで地域の絆が強まり、見学に来る人もいる。今年も始まりワクワクしています」と話していた。放牧は10月末までの予定。(佐藤孝之)