朝日アマ囲碁名人戦県大会、徳弘さん初優勝 全国へ

浅田朋範
[PR]

 第15回朝日アマチュア囲碁名人戦奈良県大会(県囲碁協会、日本棋院、朝日新聞奈良総局主催)が16日、奈良市高天市町の奈良囲碁センターであり、生駒市の徳弘晴彦さん(55)が初優勝し、全国大会出場を決めた。同大会は昨年、新型コロナウイルスの影響で中止となり、開催は2年ぶりだった。

 全国大会は7月3、4日に日本棋院東京本院(東京都)で開かれる。徳弘さんは決勝の戦いを振り返り、「出だしは良かったけど、中盤は追い込まれました。それでもひるまずに踏み込んでいったのが勝因になったと思います」と話した。

     ◇

 2位以下は次のみなさん。(敬称略)(浅田朋範)

 ②平石正彦(斑鳩町)③大岡拓也(奈良市)④蔵元実(奈良市)⑤南川雄哉(宇陀市)⑥草木和仁(大和郡山市)⑦多田稔(橿原市)⑧橋威智朗(生駒市)