石橋貴明さんの粋な始球式 マウンド上がらなかった理由

有料会員記事

坂名信行
[PR]

 投手として帝京高校(東京)で汗を流したタレントの石橋貴明さん(59)は、やはりグラウンドに立てば一人の野球人だった。

 16日、大船渡高校(岩手)時代に163キロを投げ、注目を浴びてきたロッテの佐々木朗希投手(19)が1軍の公式戦で初登板するZOZOマリンスタジアムで行われた試合で始球式を務めた。

 中継ぎ投手も乗るオープンカーで右翼側からさっそうと登場。笑いを誘うかのようにマウンドではなく捕手よりの人工芝の付近へ向かった。事前に「肩が上がらなくてホームまで届かないんです」と冗談半分に話していた。打者には親しい西武の山川穂高選手を指名し、投げた。帰り際にはマイクで「今日は佐々木君を応援しましょう! 魂!」と叫び、スタンドを盛り上げた。

 実はマウンドから投げなかっ…

この記事は有料会員記事です。残り218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。