突然、空爆されるまで「あと10分」そのときAP記者は

有料会員記事

多鹿ちなみ
【動画】イスラエル軍空爆強化 メディアも標的
[PR]

 パレスチナ自治区ガザ地区で15日、イスラエル軍の空爆によって、米AP通信やカタール衛星放送アルジャジーラなどが入居するビルが倒壊した。AP通信は、当時ビル内にいた同通信の記者が、空爆の直前に何とか避難するまでの様子を配信した。

 同通信によると、記者は15日午後1時55分、11階建てビルの最上階で仮眠をとっていた。そのとき、同僚の叫ぶ声で目が覚めたという。AP通信は2006年からこのビルを拠点として使っており、上階は住宅になっていた。急いで下の階に下りると、ヘルメットをかぶって防弾チョッキを着た同僚が「避難!避難!」と叫んでいた。

 「あと10分だ」

 そう言われた記者は、混乱し…

この記事は有料会員記事です。残り493文字有料会員になると続きをお読みいただけます。