お酒は悪者じゃない #酒造会社への恩返し、で注文続々

有料会員記事

若松真平
[PR]

 昨春、新型コロナウイルスの影響で消毒用アルコールが不足した。

 国がアルコール度数の高い酒などを代替品として認めたことで、酒造会社などが相次いで出荷。

 石岡酒造(茨城県石岡市)では昨年5月以降、「石岡エール70」と「石岡エール69」を販売した。

 それぞれの数字はアルコール度数を表していて、石岡エール70の原料は、清酒に添加する「醸造用アルコール」。

 石岡エール69は、本来なら商品として販売する清酒を蒸留させてつくった。

 設備や製造にかかる費用の兼ね合いから、通常の製造ラインを全てストップさせてアルコールを製造した。

 その結果、一部の取引先に定番商品を欠品させてしまうことになった。

 それでも「今すぐにでもアルコールを必要としている人が、たくさんいるんだから」と決断した。

ツイッターで見つけた「#酒造会社への恩返し」

 あれから約1年。つくったアルコールの在庫はまだ残っていた。

 コロナの影響で酒類提供を控える店が増えるなど、月の売り上げが前年比50%を下回ることも多い。

 そんな時、ツイッター担当者は「酒造会社への恩返し」というハッシュタグを見かけた。

 調べてみると、昨年アルコールをつくった酒造会社をリスト化して、「恩返しのために、ここにある会社のお酒を買おう」と呼びかけている人がいた。

 「マスク同様、必要なものが…

この記事は有料会員記事です。残り2407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。