20歳の決断、痛感した力不足 木原龍一物語(上)

有料会員記事

坂上武司
[PR]

 鶏むね肉とブロッコリー。毎日のメニューに必ず採り入れる。あきることもない。栄養価が高く、たんぱく質が豊富。何よりも「筋肉」が喜ぶ。

 ペアの木原龍一(28)=木下グループ=が食べ続ける食材だ。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 三浦璃来(19)=木下グループ=とのペアで、3月の世界選手権では10位に入り、初めて自力で五輪出場枠を獲得。4月の世界国別対抗戦のSP、フリーとも自己最高点をマークし、合計196・65点と200点台も見えてきた。

 「三浦さんと組んでから、すごくすべてのエレメンツに自信が持てるようになりましたし、スケートが楽しいということを思い出せた。まだここは僕たちのゴールではない。もっともっと2人なら高いところを狙えると思っています」

 2006年に広島で開催された全日本ジュニア選手権で、初めて彼の演技を見た。当時は14歳のシングルスケーター。体は小さかったが、ポジションの美しさには光るものがあった。

 その後、10年高校総体で優…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]