五輪中止、言い出すのは小池氏?周辺否定も高まる警戒感

有料会員記事

軽部理人、岡戸佑樹
[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの中止を求める世論が強まるなか、東京都小池百合子知事の言動に注目が高まっている。小池知事はコロナ下での大会開催を明言しているが、政府関係者や大会関係者の間には「世論がさらに強硬になれば、中止を表明しかねない」との見方がくすぶる。「機を見るに敏」と言われてきた小池知事の心中はいかに――。

 パラリンピックの開幕まで100日に迫った16日、小池知事はツイッターでこうつぶやいた。

 「コロナを乗り越え、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、国、組織委と力を合わせて準備を推進します」

 改めて大会の開催をアピールした内容だが、すぐにコメントが殺到した。「オリンピックファースト。人命や人の生活なんか二の次、三の次」「五輪するために国民の自由を奪ってることに怒ってます」

 そんな批判とともに目立ったのが、小池知事が中止にかじを切ることへの期待だった。「直ちに開催中止を菅(義偉)総理に訴えるようお願いします!」「中止にするなら今のうちですよ」「そろそろ決断を」。ほかには「中止最後の切り札」などと持ち上げる書き込みもあった。

「中止表明の根回し?」流れた臆測

 「小池知事が大会中止表明に向けた根回しを始めているのではないか」

 一部の政府関係者に、そんな…

この記事は有料会員記事です。残り1128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。