AB型「重症化リスク高め」 新型コロナでゲノム解析

有料会員記事

姫野直行
[PR]

 感染症学やゲノム医学、遺伝統計学などの専門家が集まった共同研究グループ「コロナ制圧タスクフォース」が17日、65歳未満では血液型がAB型の人は新型コロナで重症化するリスクが高く、O型は低いことが分かったと発表した。日本人を対象とした大規模ゲノム解析による結果だが、理由などははっきりしないという。

 タスクフォースは慶応大の金井隆典教授らの呼びかけで昨年5月に立ち上がった。今回、①新型コロナで重症化した65歳未満の440人と②コロナ以前から集めていた65歳未満の2377人の血液型を比較した。

 その結果、①②でA型、B型の人が占める割合は差がみられなかった。一方、AB型の割合は①が②の1・4倍に、O型の割合は同0・8倍となった。計算上、AB型はO型に対し、重症化のリスクが1・6倍となり、統計学的に意味のある差になったという。

 O型が重症化リスクが低いと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。