コロナで申請急増 経産省の補助金システムに障害

新宅あゆみ
[PR]

 経済産業省は17日、補助金申請システム(Jグランツ)で障害が起きたと発表した。コロナ禍の対策費用を出す「小規模事業者持続化補助金」で、申請に必要な書類が添付されない不具合が1811件あった。これを含め、同じ不具合が1月以降で計24事業において計1998件あった。

 小規模事業者持続化補助金の申請締め切りが今月12日にあり、アクセスが集中したことが原因とみられる。ほかにも、推奨されていないブラウザーインターネット・エクスプローラー」からの申請による障害も考えられるという。

 経産省によると、システムの運営を委託しているコンサルティング会社アクセンチュアが14日に障害を報告した。同社は16日にシステムを増強したという。書類が添付できていなかった申請者には事務局から個別に連絡し、再送してもらう。

 問い合わせはJグランツ事務局ヘルプセンター(050・2018・0227、平日午前9時~午後6時)。(新宅あゆみ)