富田林署から逃走、被告の控訴審結審 7月5日判決

森岡みづほ
[PR]

 大阪府警富田林署で勾留中、面会室の仕切り板を壊して逃走したとして加重逃走罪などに問われた樋田淳也被告(33)の控訴審が17日、大阪高裁(長井秀典裁判長)で結審した。判決は7月5日に言い渡される。

 弁護側は、逃走前の窃盗事件などに被告以外の第三者が関与しているのに認められなかったと主張。捜査が不十分だったとし、「地裁に差し戻して審理を尽くすべきだ」と訴えた。(森岡みづほ)