二階氏「私は関与していない」 河井氏への1億5千万円

野平悠一
[PR]

 自民党二階俊博幹事長は17日の記者会見で、2019年参院選広島選挙区をめぐり公職選挙法違反の罪で有罪判決が確定した河井案里氏=自民を離党=側に党本部が提供した1億5千万円の選挙資金の問題について問われ、「その問題の支出については、私は関与していない」と述べた。

 二階氏は会見で、1億5千万円の説明責任について「支出された当時は私は関係していない」と発言。「関係していないから関係ないというのではなく、その事態をはっきりしておくために言っただけのことだ」と説明した。当時も二階氏は幹事長だったが、会見に同席した林幹雄幹事長代理は「実質的に当時の選挙対策委員長が広島に関しては担当していた。そういった意味では細かいことはよくわからないということだと思う」と補足し、捜査当局から関係書類が戻り次第、使途などを調査する考えを改めて示した。

 19年参院選広島選挙区では、当時首相だった安倍晋三氏と官房長官だった菅義偉首相が河井氏の擁立を主導。選挙対策委員長は安倍氏の盟友の甘利明元経済再生相が務めていた。(野平悠一)