薄すぎるワクチンを5人に接種 神戸市、抗体検査へ

鈴木春香
[PR]

 神戸市は17日、濃度が不足した新型コロナウイルスワクチンを誤って5人に接種した、と発表した。

 市によると、ワクチンは原液が入った瓶に生理食塩水を入れて希釈し、5人分を注射器に分けて接種する。同市須磨区の集団接種会場で16日午前、開封済みでほぼ残量のない瓶に、薬剤師が誤って生理食塩水を注入。5人に接種したという。

 この日の夕方、別の薬剤師が接種回数と開封済みの瓶の数が合わないことに気付いて発覚した。

 誤って接種した5人は特定できておらず、同じ時間帯に接種した105人が2回目の接種を受ける際、抗体検査を行う。抗体が確認できなければ追加接種する。(鈴木春香)