琵琶湖岸のスーツケースに腕?遺棄事件とみて捜査

[PR]

 17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖岸で、打ち上げられていたスーツケースの中から人の腕などが見つかった。県警が調べたところ、一部が白骨化した遺体だった。県警は死体遺棄事件とみて捜査している。

 捜査1課によると、スーツケースはふたが半分取れていた。遺体は銀色のシートでくるまれた状態だったといい、年齢や性別は不明。近くの住民がスーツケースを発見して彦根市に連絡し、市が彦根署に通報した。現場はJR琵琶湖線稲枝駅から北西約4・5キロ。