プロ野球・広島の菊池涼、小園、正随が新型コロナ陽性

[PR]

 プロ野球広島は17日、菊池涼介(31)、小園海斗(20)、正随優弥(25)の3選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けた、と発表した。

 球団によると、菊池涼は17日に発熱(39・8度)し、PCR検査を受けたという。陽性判定を受け、1軍の監督やコーチ、選手、スタッフの計74人にPCR検査を実施。70人が陰性判定で、小園と正随を除いて2人が結果待ちだという。

 菊池涼は自宅で療養中で、小園と正随は無症状で体調に異常はなく、保健所の指示により自宅で待機している。

 また、保健所に濃厚接触者と判定された選手はおらず、18日の巨人戦(東京ドーム)は球団独自の判断で選手を入れ替えて臨む予定だという。