米、ワクチン2千万回分を国外へ 6月末までに追加供給

新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 バイデン米大統領は17日、米国が確保した米ファイザー製などのワクチン2千万回分を他国へ供給すると発表した。これまでに英アストラゼネカ製のワクチン6千万回分を送ることを決めており、計8千万回分を米国外に提供することになる。

 今回供給を決めた2千万回分は、すでに米国内で緊急使用許可が出て接種が進んでいるファイザー製と米モデルナ製、米ジョンソン・エンド・ジョンソン製の3種類。6月末までに供給するという。

 バイデン氏は「他国への供給量はロシアや中国より多く、他のどの国よりもワクチンを供給することになる」と強調した。「ワクチンを利用して、他国から便宜を図ってもらうことはしない」とも述べた。

 どこの国に供給するかについては、ホワイトハウスのサキ報道官が「みんなが知りたがっていることはわかっているが、送り先については近日中にバイデン氏から発表があるだろう」と話すにとどまっている。

 米国では成人の6割が少なくとも1回の接種を終えた。現在も1日約3万人の新規感染者が出ているが、全米のすべての州で感染者数が減少する傾向にあるという。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]