米で加速する「ケーブル離れ」 動画配信が主戦場に

有料会員記事

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米通信大手AT&Tのメディア部門と米ディスカバリーの統合が発表された。新会社は市場が急拡大する動画配信サービスに注力し、先行するネットフリックスなどに対抗する。背景には、ケーブルテレビなどを解約して動画配信に移る「コードカッティング」という流れがある。映像分野の主戦場は、テレビから動画配信に移行している。

 17日の発表によると、映画会社ワーナー・ブラザースやテレビ局CNNなどを抱えるAT&Tのメディア部門を切り離し、「ディスカバリーチャンネル」などのドキュメンタリー番組を持つディスカバリーと統合する。2022年半ばまでに手続きを終える予定だ。英フィナンシャル・タイムズ紙によると、新会社は企業価値が1320億ドル(約14・4兆円)にのぼる巨大メディアとなる。

 AT&Tは「HBOマックス」、ディスカバリーは「ディスカバリープラス」という動画配信サービスを抱え、関連事業も合わせてそれぞれ6千万人、1千万人を超える会員を持つ。統合でコンテンツ制作への投資を加速するという。

 新会社の経営トップに就くデ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。