バイデン大統領「停戦支持」 ネタニヤフ首相と電話協議

ワシントン=合田禄
[PR]

 イスラエルパレスチナ自治区ガザ地区の武装勢力との軍事衝突について、バイデン米大統領は17日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議し、「停戦を支持する」と表明した。ホワイトハウスの発表によると、停戦に向け、米国がエジプトなどとともに関与していくことについて議論したという。

 電話協議でバイデン氏は、ロケット弾の攻撃から自国を守るイスラエルの権利を断固として支持すると改めて表明した一方で、「罪のない市民を保護するためにあらゆる努力をするよう促した」としている。

 バイデン氏はこれまでにもネタニヤフ氏との電話協議で、イスラエル自衛権を支持する考えを繰り返し伝えている。ホワイトハウスのサキ報道官は17日、「私たちの役割は、暴力を減らし、紛争を終わらせるために建設的になることだ。この1週間で、さまざまなパートナーと60回以上の電話協議をしている」と話した。(ワシントン=合田禄)