ネットで知った芸妓の道 「働き方改革」でかろやかに~

会員記事

高田誠
[PR]

 東京都内で唯一、日本遺産に昨年、認定された八王子市の「桑都物語」で、構成するひとつが「八王子芸妓(げいぎ)」だ。あでやかですこし遠かった花柳界はいま、親しみやすい存在に変わってきた。八王子芸妓組合長のあやめさん(43)がめざす、かろやかで自然体な生き方とは――。

拡大する写真・図版踊りのポーズを決める、あやめさん=八王子市

 滑稽な芝居にゆったりとした舞い、おめでたい踊りが繰り出される。着物姿の女性たちが全国各地の華やかな演目を次々と演じた。「肩の力を抜いてください~」。マイクを手にした師匠の目は指先の所作ひとつにも注がれた。

 21、22日、八王子芸妓による「八王子をどり」が、市芸術文化会館で公演される。昨年はコロナ禍で延期となり、4年ぶりの開催となる。芸者衆の通し稽古にも熱がこもってきた。

拡大する写真・図版踊りを稽古する八王子芸妓=八王子市

 「釣女(つりおんな)」「十日戎(とおかえびす)」などに出るあやめさんは「目標に向かって迷いはありません。みんなで一丸となります」ときっぱりと言った。

■花柳界デビュー…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。