「暴行受け反撃で」スタンガン、容疑の自称配達員を逮捕

[PR]

 商品の配達先で客の男性にスタンガンを当ててけがをさせたとして、埼玉県警は飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の配達員の男(33)=埼玉県北本市=を傷害の疑いで緊急逮捕し、18日発表した。容疑を認め、「最初に暴行を加えられ、反撃のためにやった」と述べているという。

 浦和西署によると、逮捕容疑は17日午後8時40分ごろ、さいたま市中央区のアパートで、住人の男性(26)の顔や胸にスタンガンを押し当て、全治不詳のけがを負わせたというもの。

 男性は、商品を注文して代金を現金で支払った際に男が釣り銭を投げるようにして渡したことを注意したところもみ合いになった、などと説明しているという。

 男はバイクで現場から立ち去った。110番通報を受けて警戒していた警察官が約40分後にさいたま市内で見つけた。