三原副大臣「雇用問題などで気負うあまり…」遅刻を謝罪

滝沢卓
[PR]

 三原じゅん子厚生労働副大臣は18日午前の参院厚労委員会で、13日の同委に約30分遅刻して法案審議に影響が出たことについて「審議に迷惑をおかけしたことについて、おわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。田村憲久厚生労働相も「国会日程に影響を及ぼすことになったのは遺憾。改めて国会対応を優先するよう申し伝えた」などと述べ、陳謝した。

 三原氏は13日午前の厚労委に出席後、午後の審議に約30分間姿を見せなかった。同じ時間帯に、新型コロナウイルスの影響をうけた雇用や女性の支援策を話し合う厚労省の有識者会議に出席していた。

 三原氏は「国会中は国会優先だという認識は持っていた」とする一方、「緊急事態宣言後の雇用問題など、必要な支援策が十分届いていない状況を打開しなければならないと気負うあまり、(有識者会議に)出席する判断をした」と経緯を説明した。当日は厚労委で答弁の予定はなかったという。

 さらに、参院厚労委の与党筆頭理事である自民党・石田昌宏議員に「委員会を離席することを事前に数回相談し、差し支えない旨を了承いただいたと受け止めていて、問題ないと思い込んでいた」と釈明した。

 三原氏の欠席は事前に野党側に伝わっておらず、厚労委が中断。同日予定された勤務医の働き方の改善などを盛り込んだ医療法改正案の採決が延期された。翌14日の参院本会議では、一部の高齢者が医療機関で払う窓口負担を1割から2割に引き上げる関連法案が審議入りする見通しだったが、こちらも先送りされた。

 田村厚労相は18日の同委で「副大臣や政務官の公務の日程が委員会と重複しそうな場合、事務方から委員長や理事に事前に相談していなかったことも今回の原因の一つでおわび申し上げる。情報共有を徹底するよう事務方に指示した」と述べた。(滝沢卓)