揺れる和歌山IR 有力候補撤退で急転 誘致断念も視野

有料会員記事

西岡矩毅、箱谷真司筒井竜平
[PR]

 和歌山県のIR(カジノを含む統合型リゾート)誘致計画が揺れている。事業者選びの大詰めで有力候補が突然、撤退。仁坂吉伸知事は18日、残り1社の候補についても事業者に選ばず、誘致を断念する可能性があると言及した。コロナ禍が続くなか、ほかの地域の計画も先行きに暗雲が漂う。(西岡矩毅、箱谷真司筒井竜平

 同県ではIR実施事業者の公募に2社が手を挙げ、県はどちらかを選んで今春に発表する予定だった。だが、有力視されていたサンシティグループ(マカオ)が資金洗浄に関わった疑惑が浮上して難航。同社は12日、県に撤退を届け出た。

 残る候補は、投資会社クレアベストグループ(カナダ)だけ。同社は北米などのカジノへの投資経験を持つ。ただ「カジノの運営実績が乏しい」(業界関係者)との見方も出ている。

 仁坂知事は18日、「1社を前提に大丈夫かなともう1回考えて、判断していく」としたうえ、「選ばないということは、IRはギブアップしたということになる」と述べた。結果は近く発表される見込みだ。

 県がクレアベストと組んで誘致を続ける場合も、二つの障壁が立ちふさがる。

 一つは、国が整備を認可する…

この記事は有料会員記事です。残り1193文字有料会員になると続きをお読みいただけます。