気になるレトロパンのお名前 ルーツは昭和にヒントが?

有料会員記事

富岡万葉
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 SNSで昭和レトロなパンを見つけた。赤、青、黄と、おもちゃのような色のパッケージが目を引く。「ミルティ」「ホームパン」「ヤングブレッド」――。デザインにも増して気になるのはその商品名。どんな味がするのか。確かめようと、特急くろしおに乗った。

 やってきたのは、和歌山県みなべ町にある「室井製パン所」。家族で切り盛りする店の奥に、工場が併設されている。店頭には約20種が並び、1日1千個近くを製造する。ほとんどが120円とお買い得だ。食パンやフランスパンもそろうが、レトロシリーズがとにかく目立つ。

 さっそく、3代目の室井勝之さん(46)に尋ねた。

 「ミルティ」は、マーガリンを挟んだコッペパン。地元ではコッペパンの代名詞とされるほどの人気商品だとか。ミルクの要素は? 「あるかな?」。特にないらしい。

 こちらも人気の「ホームパン」は、薄切りの食パンにマーガリンとグラニュー糖がかかっている。家で食べてほしいから? 「うーん……」。では「ヤングブレッド」は。「何がヤングかわからない……」

 「デザインも名前も、最初か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。