• アピタル

大規模接種、予約システム改修方針 防衛相が閣議後表明

新型コロナウイルス

[PR]

 政府が東京と大阪に設置する新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」の予約システムについて、岸信夫防衛相は18日の閣議後会見で、改修を行う方針を表明した。架空の接種券番号や虚偽の生年月日を入力しても予約ができるため。自治体から送付される接種券記載の市区町村コードで、真偽を確認できるよう変更する。

 東京会場の特設サイトの場合、券番号や市区町村コードを入力し、生年月日を選び、予約画面に入る。防衛省は各市区町村が持つ住民の券番号や生年月日の情報を持っておらず、不正に入力されても排除できないという。岸氏は「(虚偽予約を完全に防ぐ)システムを短期間で実現するのは困難。国民の個人情報を防衛省が把握することは適切ではない」と説明した。

 市区町村コードが正しく入力されたかで予約の真偽について一定の確認を行う仕組みをめざすが、券番号などは照合できないため、効果は限定的とみられる。岸氏は「くれぐれも虚偽予約はしないで」と呼びかけた。

 加藤勝信官房長官は18日の会見で、大量の架空予約は高齢者への接種機会を奪い、ワクチンがムダになる恐れもあるとして、「悪質なケースについては、法的措置をとることも排除していない」と強調した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]