市長、妻・運転手とともに接種 「濃厚接触者に…」

新型コロナウイルス

進藤健一
[PR]

 埼玉県ふじみ野市の高畑博市長(59)が、妻(59)、市職員の公用車運転手(54)とともに新型コロナウイルスのワクチン接種を「医療従事者」の優先枠で受けていたことが18日、わかった。本人が朝日新聞の取材に認めた。

 高畑市長によると、3人は4月30日に1回目を受け、今月27日に2回目を受けるという。高畑市長は「地元医師会から、優先して接種をするようアドバイスを受けていた。感染で市政が滞ることがあってはならないと決断した」と話している。妻と運転手が接種した理由については、「(2人が感染すれば)私が濃厚接触者になりうるリスクを考えて、打たせようと判断した」などと説明している。

 18日の市議会全員協議会で報告したといい、市民にも公表すると話している。(進藤健一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]