「私に怒りの言葉ぶつけて」 河井元法相、法廷で懺悔

有料会員記事

新屋絵理、戸田和敬
[PR]

 2019年7月の参院選広島選挙区で、100人に計約2900万円を配ったとして公職選挙法違反(加重買収など)の罪に問われた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)の公判が18日、東京地裁で結審した。大半の買収を認めた克行被告は最終陳述で「一刻も早く有権者に謝罪したい」と述べ、弁護側は執行猶予付き判決を求めた。検察側は懲役4年を求刑しており、判決は6月18日に言い渡される。

買収行為「深い悔悟」 判決は6月18日

 この日の法廷で克行被告は、「私が行ったことはいかなる理由があろうとも許されない。深い悔悟(かいご)を抱いている。地元の皆さまに直接おわびして、私に直接怒りの言葉を投げつけていただきたいと考えている」と声を震わせ、裁判官だけでなく傍聴者にも一礼した。

 昨年8月の初公判では全面無罪を訴えたが今年3月に一転。妻の案里氏(47)=有罪確定=の当選目的もあったとして買収の大半を認め、国会議員を辞職した。自身が関与するすべての政治団体も解散した。

 弁護側は最終弁論で、この経緯を「一方的な捜査など納得できない事情が(当初)あった。思い悩んだ結果だ」とし、「被告は案里氏を当選させるため買収したと認めている」と改めて述べた。その一方で、「当選は主目的ではない」と説明。本当の狙いは被告自身の政治基盤固めや党勢拡大だとした。100人のうち約10人の陣営関係者らに渡した現金の趣旨は、支部職員の「給与」などとして無罪を訴えた。被買収側の議員らが案里氏の支持に転じたことはなく、「選挙結果に影響はなかった」とも主張した。

 案里氏との共謀は、互いに意を通じていないとして否定。検察側は克行被告宅から押収した「買収リスト」を共謀の証拠としたが、弁護側は「頭の整理で作ったもの。実態を正確に記しておらず証拠にならない」と反論した。

この日は、河井元法相が法廷で語る最後の機会でした。自民党本部から提供された1億5千万円のこと、妻への謝罪――。記事の後半では、約10分にわたって訴えた内容の全文を紹介します。

■「妻とは共謀してない」…

この記事は有料会員記事です。残り2016文字有料会員になると続きをお読みいただけます。