ミサイルの9割を迎撃 イスラエルのアイアンドームとは

有料会員記事ガザ情勢

エルサレム=清宮涼
[PR]

 イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆が続き、市民の犠牲が増えている。一方、ガザ地区からのロケット弾発射も止まらない。イスラエル軍がロケット弾に対処するための頼みの綱は「アイアンドーム」。迎撃率が9割という国産のミサイル迎撃システムだ。

 イスラエル軍によると、5月10~17日にガザ地区から発射されたロケット弾は約3350発。軍はアイアンドームによって「約9割を迎撃した」としている。

 18日には、ガザ地区からの無人機も同システムで迎撃したと発表した。

 イスラエル空軍がアイアンドームを配備したのは2011年のことだ。

 イスラエル軍がガザ地区に侵…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。