全国の重症者数、過去最多に 兵庫の死者、129人増加

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの国内の感染者は18日午後9時現在、新たに5230人が確認された。まん延防止等重点措置が適用されている沖縄県は過去最多の168人、岐阜県は過去2番目に多い140人の感染が確認された。全国の重症者数は1235人(17日時点)で過去最多となった。

 緊急事態宣言が出ている東京都の感染者は732人、大阪府は509人で、いずれも1週間前の火曜(11日)より減少した。

 兵庫県内では、死者129人が新たに発表された。うち93人は神戸市の3月26日以降の死者で、遺族から公表についての了承を得る作業が滞っていたという。全国で18日に公表された死者は計216人となった。

 一方、内閣官房がまとめたワクチンの接種状況によると、17日時点で全国の高齢者らに115万7686回分が接種された。1回目の接種を受けた人は107万889人、2回目を終えた人は8万6797人で、65歳以上の高齢者約3630万人(4月1日現在の概算値)に占める割合はそれぞれ2・9%、0・2%。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]