米東部でセミが大量発生 17年で羽化する「周期ゼミ」

アーリントン〈バージニア州〉=大島隆
[PR]

 米東部で、17年ごとに大量発生する「周期ゼミ」が5月中旬から一斉に羽化を始めた。

 ワシントン郊外のバージニア州アーリントンでは、街灯の柱や街路樹などに、羽化したばかりの周期ゼミが何匹もとまっている光景が見られるようになった。

 周期ゼミには成虫になるまで13年と17年の種類があり、さらに羽化する年や地域によっていくつかのグループに分けられる。米国立公園局によると、今年羽化するのは17年ゼミの中でも最大のグループで、ペンシルベニア州、メリーランド州、バージニア州などで5月から6月に発生する。

 同局によると、大量発生は、鳥などの外敵が捕食しきれないほど羽化することで生き残りを図る、種としての生存戦略だという。米メディアは、今年は数十億匹が羽化すると報じている。(アーリントン〈バージニア州〉=大島隆