ワクチン無償提供、北中南米の選手らに4千本 東京五輪

会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 メキシコカナダなど北中南米の41カ国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)の集合組織であるパンアメリカン・スポーツ機構(パンナムスポーツ)は18日、東京オリンピック(五輪)に出場する選手や関係者に新型コロナワクチンを無償提供すると発表した。

 ワクチンは米ジョンソン・エンド・ジョンソン製。米マイアミ大とマイアミにあるメキシコ領事館から、東京五輪向けとして4千本を受け取ることで合意したという。

 まだワクチン接種を受けていない選手や関係者に割り当てられ、希望者はマイアミで接種する。その際にかかる渡航費はパンナムスポーツが負担する。

 国際オリンピック委員会(IOC)の委員でもあるパンナムスポーツのネベン・イリッチ会長は「大陸中の多くの国では、ワクチン接種の状況が難しいことが分かっている。この合意により、選手たちはより保護された状態で五輪に出場できる」と声明を出した。

 IOCはワクチン接種を義務…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。