ガザ衝突、数日以内に停戦の可能性 地元メディア報道

有料記事ガザ情勢

エルサレム=清宮涼、高野遼
[PR]

 イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザ地区の武装勢力との軍事衝突をめぐり、複数のイスラエルメディアが18日、数日以内に停戦する可能性があると報道した。ガザ地区では空爆による被害が広がり、国際社会からは停戦を求める声が高まる。ただ双方は停戦の合意に至ったとの報道を否定している。

 イスラエルの地元紙ハアレツは、複数の当局者からの情報として「数日以内」にも停戦するとの見方が出ていると報じた。20日に停戦が予定されている、とする政府高官の話も伝えた。

 今回の衝突はイスラエルが占領する東エルサレムでイスラエル当局とパレスチナ人の間で衝突が起きたことなどをきっかけに拡大。ガザ地区の保健省によると、19日時点で死者は子ども63人を含む219人に上る。一方、イスラエル側では12人が死亡した。

 ここ数日、戦闘の激しさは一…

この記事は有料記事です。残り491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!