リコール不正、事務局長と妻子らを逮捕 署名偽造の疑い

会員記事

[PR]

 大村秀章愛知県知事へのリコール署名偽造事件で、愛知県警は19日、運動団体事務局長で元県議の田中孝博容疑者(59)ら4人を地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕したと発表した。県警は、4人の認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、妻の田中なおみ容疑者(58)、次男の雅人容疑者(28)、事務局員の渡辺美智代容疑者(54)。

 県警によると、4人は共謀し、昨年10月下旬ごろ、愛知県外で、愛知県内の有権者らの氏名を署名簿に書き写すようアルバイトらに指示し、署名を偽造した疑いがある。

 孝博容疑者は逮捕前の朝日新聞の取材に、「予定通り署名が集まらず、焦りがあった」といい、名古屋市の広告関連会社に「署名を集めるよう依頼した」と認めていた。ただ、事後に書き写された署名の本人に会って確認する前提の「書き写し」行為だったとし、署名用紙は提出せず、廃棄したと説明していた。

 同法などでは、氏名については例外を除き代筆が認められていない。

 リコール署名は昨年8月、美…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。