• アピタル

札幌で高齢者ワクチン予約開始 市は「焦らず予約を」

新型コロナウイルス

佐藤亜季
[PR]

 札幌市で19日午前、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの予約が始まった。札幌市でまず接種対象になるのは75歳以上の高齢者。予約はかかりつけの医療機関へ行うのが基本で、かかりつけ医がいない人などは、市が行う集団接種を予約することになる。集団接種の予約受け付けは、19日午前9時にネットと電話で始まり、当初1週間分の予約枠は、ネット予約分は開始から約40分で埋まった。

 市は集団接種の予約について、1週間分ずつの予約枠を設けて受け付けている。今回受け付けたのは24~30日に行う接種の予約。今回のネット予約の枠は3455枠、電話予約の枠は8045枠だった。

 次の1週間分の集団接種の予約は、26日午前9時からネットと電話で受け付ける。その後も毎週水曜午前9時から受け付ける予定だ。

 札幌市は、かかりつけ医での接種が難しい人など向けの集団接種会場を、市内2カ所(札幌エルプラザ〈北区〉と札幌パークホテル〈中央区〉)に開設する。2カ所合計で1日最大約2千人の接種体制を整えているという。

 札幌市の75歳以上の高齢者は約27万人。市では75歳以上の高齢者が2回接種するワクチンはすでに確保できているとし、担当者は「ワクチンはなくなることはないので、焦らず落ち着いて予約してほしい」と呼びかけている。

 市は75歳以上の高齢者への接種を先行させ、接種状況や国からのワクチン配布の予定をみながら、65~74歳の約27万人への接種も6月以降に始める方針だ。

 札幌市でのワクチン接種に関する問い合わせは、「札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター」(電話011・351・8646、受け付けは午前9時~午後6時。土日祝日も受け付け)。

 高齢者向けワクチン接種に関する札幌市のウェブサイトのアドレスは、https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/index.html別ウインドウで開きます(佐藤亜季)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]