災害時呼びかけは「避難指示」に 20日から勧告は廃止

山岸玲
[PR]

 災害時に市区町村が住民に避難を呼びかける「避難勧告」が20日で廃止となり、「避難指示」に一本化される。内閣府は、改めて自分が住む地域の災害リスクの把握や状況に応じた避難方法の確認を求めている。

 避難勧告はこれまで、災害のリスクがある場所にいる人全員に避難を呼びかけ、避難指示はさらに重ねて避難を求める情報だった。20日午前0時に勧告が廃止され、これまで勧告が出されていたタイミングで指示が出される。

 避難指示は5段階ある大雨警戒レベルのうち、2番目に危険度が高いレベル4。指示が出た時点で、基本的には避難を始めることが求められる。マンションの高層階などに住んでいる場合は、必ずしも避難所へ行く必要はない。

 最も危険度が高いレベル5は名称が「災害発生情報」から「緊急安全確保」へと変わり、災害発生が切迫した段階で出される。この時点では避難所へ移動するのは危険なので、自宅の2、3階や付近の高い建物への移動など状況に応じた行動を住民に求めている。(山岸玲)