札幌ドームのコンサドーレ戦、払い戻しで無料観戦のワケ

能田英二
[PR]

 19日夜に札幌ドームで開催予定のサッカーJ1・コンサドーレ札幌―鹿島戦について、札幌ドームとコンサドーレ札幌は同日、移動式天然芝の動作トラブルにより、通常のピッチと違う配置で試合をおこなうと発表した。「本来の観戦体験をお届けできない」として、チケット購入済みの人には代金を払い戻し、無料観戦にする。ただし、入場できるのは購入済みの人に限る。

 札幌ドームによると、前日の18日、野球からサッカーに転換するため、屋外のセンター側から移動式天然芝「ホヴァリングサッカーステージ」を入れた。さらに、時計回りに90度旋回させる必要があるが、給電設備の不具合で実施できなかった。このため、観客席からのピッチの見え方が通常のサッカーの試合とは大きく異なってしまうという。

 移動式天然芝の旋回不具合によるチケットの払い戻しは初めて。コンサドーレ札幌によると、19日の試合は約4400枚売れていたという。(能田英二)