木村花さんツイッター中傷、投稿者に129万円賠償命令

村上友里、岩田恵実
[PR]

 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演し、昨年5月に自ら命を絶ったプロレスラー木村花さん(当時22)がSNS上で中傷されたとして、木村さんの母・響子さん(44)が長野県の男性に約294万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。池原桃子裁判長は、男性が争わなかったことから「原告の主張する請求原因を自白したものとみなす」とし、約129万円の支払いを命じた。

 民事訴訟法は、口頭弁論や弁論準備手続きで相手が主張した事実を争わない場合は、その事実を自白したとみなすと定める。

 原告側の訴えによると、男性はツイッター上で「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」「テラハ楽しみにしてたのにお前の自殺のせいで中止。地獄に落ちなよ」などと投稿。これらの内容は「匿名の影に隠れたもので極めて悪質」とし、「遺族の敬愛追慕の情を侵害された」としていた。

 原告側は今回の訴訟に先立ち、ツイッター社などに発信者情報を求め、男性を特定した。ほかの発信者についても提訴するという。

 響子さんは判決後の会見で「誹謗(ひぼう)中傷は一生治らない心の傷を負う。NPO法人を立ち上げ相談窓口を作るなどして、中傷に苦しむ人を救いたい」と語った。

 被告の男性が反論しなかったことについては「裁判から逃げても、中傷した事実からは逃げられない」とした。(村上友里、岩田恵実)