元宝塚の望海風斗さん、聖火ランナー辞退 横浜

有料会員記事

足立優心
[PR]

 神奈川県内で6月28~30日に行われる予定の東京五輪聖火リレーで、県は19日、元宝塚歌劇団雪組トップスター望海風斗のぞみふうと)さんがランナーを辞退したと発表した。望海さんは6月30日に横浜市内を走る予定だった。県内でのランナー辞退は3人目。

 県によると、17日夜に宝塚歌劇団を通じて連絡があったという。望海さんは「このような状況の中でもオリンピックを希望として生活されている方々へ少しでもエールになればと思っておりましたが、状況が一向に落ち着かない中、医療従事者の方々の環境もひっ迫している中で、不安な心情のまま聖火ランナーを務めて良いものか悩んだ末、辞退させていただく決断をしました」などとするコメントを発表した。

 県は辞退を受け、補欠ランナーに要請することはせず、前後のランナーの走行距離を調整する方向で組織委員会と協議するとしている。

 県内ではパラリンピック競泳…

この記事は有料会員記事です。残り70文字有料会員になると続きをお読みいただけます。