20~21日に西日本で大雨 気象庁が厳重警戒呼びかけ

[PR]

 西日本を中心に20~21日にかけて、大雨が予想されている。気象庁によると、雷を伴った非常に激しい雨が降るところがあるほか、落雷や竜巻などにも注意が必要という。同庁は土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

 大雨予想となっているのは、本州に停滞している梅雨前線上の東シナ海で20日朝、低気圧が発生するとみられているためだ。この低気圧は、発達しながら21日には日本海まで進む見込み。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本では21日にかけて大気の状態が非常に不安定となるという。

 大雨となるのは、近畿が20日朝から、九州北部と東海は20日昼すぎから、中国は20日夜から、四国は20日夜遅くからとなる見通し。

1時間70ミリの非常に激しい雨も

 1時間降水量でみると、20日は鹿児島県の多いところで70ミリ、熊本県宮崎県60ミリ、福岡県や四国太平洋側など50ミリと、非常に激しい雨が予想されている。

 20日午後6時までに予想される24時間降水量はいずれも多いところで、九州南部200ミリ▽九州北部180ミリ▽四国150ミリ▽東海120ミリ▽近畿100ミリ。その後の24時間では、四国と近畿、東海200~300ミリ▽九州北部100~200ミリ▽九州南部と北陸100~150ミリ。