吉村知事、リコール署名偽造「厳正に処罰されるべき」 

[PR]

 愛知県大村秀章知事へのリコール署名偽造事件で、運動団体事務局長の元愛知県議、田中孝博容疑者(59)が地方自治法違反(署名偽造)の疑いで県警に逮捕されたことを受け、日本維新の会の副代表を務める吉村洋文大阪府知事は19日の定例記者会見で、「リコール活動は直接民主主義として認められているが、署名を大量に偽造するのは違法行為、犯罪行為であってはならない。厳正に処罰されるべきだ」と話した。

 田中容疑者は維新の衆院愛知5区支部長を務めていたが、問題発覚後の今年2月に支部長の辞退届を提出し、受理された。

 吉村知事は「活動が始まる前に、松井代表(松井一郎大阪市長)が日本維新の会として関与しないと明言している。党として関与しているものではない」と述べ、田中氏個人での活動だったとの認識を示した。

 署名活動は、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」がきっかけに行われた。

 吉村氏は昨年6月、リコール運動団体で会長を務めていた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に対し、SNSのツイッター上で「リコールは簡単にはいかないと思いますが、応援してます、なう。行政が税金であの『表現の不自由展』はさすがにおかしいですよね。」などと投稿していた。