アンドロイド端末が30億台突破 秋に新OS投入へ

有料会員記事

サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 米グーグルは18日、開発者向け会議「I/O(アイオー)」を2年ぶりに開き、スマートフォン向けの新基本ソフト(OS)「アンドロイド12」や、会話型の人工知能(AI)の新技術などを発表した。アンドロイドの新OSは、利用者が自分好みの画面にしやすくなり、プライバシー機能も強化したのが特徴だ。

 「過去1年、我々はテクノロジーが数十億人の人々を手助けするのを目にしてきた。グーグルが人々により役立つようにしたい」

 グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は18日の基調講演でこう強調した。同社にとって毎年恒例で最大のイベントである同会議は、昨年は新型コロナウイルスの拡大の影響で中止になった。今年はオンライン会議形式の開催となり、ピチャイ氏は18日、カリフォルニア州マウンテンビュー市の本社から説明した。

 グーグルはこの日、スマホやタブレット向けのアンドロイドOSを搭載する端末が「世界で30億台を超えた」と公表。iPhone(アイフォーン)などのアップル機器は世界で16億5千万台で、その2倍近い数だ。

 今秋に一般向けに配布を始める最新版OS「アンドロイド12」の目玉は、「マテリアル・ユー」という新たな仕組みで作ったデザインだ。壁紙を変えたり、自分の好きな写真を壁紙にしたりすると、画面全体が自動的にその色調に合わせた色になり、個々の好みに合わせた画面にできる。操作の際の画面の動きもよりスムーズになっており、同社は「2014年以来、最大のデザインの変化だ」と説明している。まずはグーグルスマホ「ピクセル」向けに搭載される。

 「アンドロイド12」ではプ…

この記事は有料会員記事です。残り570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら