殺人、監禁致死で二審も死刑 「主犯」は無期 大阪高裁

有料会員記事

米田優人
[PR]

 男性3人に対する殺人や逮捕監禁致死などの罪に問われた無職上村隆被告(54)の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。宮崎英一裁判長は、裁判員裁判で死刑とした一審判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 この事件では、上村被告に殺害を指示したとされ、検察側が「主犯」とみる中村春根被告(50)=上告中=が、別の裁判員裁判無期懲役判決を受けた。上村被告の弁護側は「従属的だった被告の量刑が首謀者より重くなるのは不当」と主張。同じ事件で死刑と無期懲役という量刑判断が分かれていたため、高裁の判断が注目されていた。

 控訴審判決によると、上村被告は中村被告と共謀し、2010~11年、兵庫県姫路市などで作業員男性(当時37)や広告会社元社長の男性(同50)、無職男性(同57)の3人を拳銃で殺害したり、監禁して死亡させたりした。

 宮崎裁判長は、一審・神戸地…

この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。