格安スマホにも番号割り当て検討、大手通さず 総務省

杉山歩
写真・図版
[PR]

 総務省は、格安スマホ事業者(MVNO)に電話番号を直接割り当てられるようにする検討を始めた。MVNOは、いまは携帯大手から番号の提供を受けているが、自社で番号を持つと、通話機能を使ったサービスを自由に作りやすくなるという。大手との競争を促す狙いがある。

 19日にあった同省の有識者会議「情報通信審議会」で方針を示した。電話番号の割り当てを受けるには、通信用の基地局の免許を持つことなどが条件で、いまは携帯大手4社にだけ割り当てている。これを基地局を持たないMVNOでも割り当てが受けられるよう、今後、審議会で条件などを話し合う。また、必要な電話番号の増加に備え、新たに導入する「060」から始まる番号の使用を始める時期なども検討する。

 MVNOはこれまで、番号の提供元を超える通話サービスを展開することは難しく、通話料金の安さで対抗するしかなかった。自社で番号を持てれば、通話機能を使った独自のサービスで差別化できるようになるという。ただ、自社以外の会社との通話に必要な「交換設備」への投資が必要で、割り当てを受ける事業者が限られる可能性もある。(杉山歩)