あまりに粗雑だった署名偽造 河村・高須両氏にも責任が

有料会員記事愛知リコール不正

編集委員・伊藤智章
[PR]

 大村秀章愛知県知事へのリコール署名偽造事件で、愛知県警は19日、運動団体事務局長で元県議の田中孝博容疑者(59)ら4人を地方自治法違反(署名偽造)の疑いで逮捕した。

 「偽造」が疑われるものの一部で、朝日新聞が写しを入手した署名簿は、1枚10人のサインがまるまる同じ筆跡で殴り書き、という代物だ。「民意の偽造」と重々しく言われるにしては、あまりに「粗雑」な印象を受ける。

 リコールに必要な約86万7千筆を集めたことにしようとしたのか。それに至らぬとも、コロナ禍の中でも43万筆超も集めたという実績作りのためだったのか。

 街頭で署名を呼びかけるなど…

この記事は有料会員記事です。残り345文字有料会員になると続きをお読みいただけます。