与那国島で10世帯10匹の飼い犬が死ぬ 原因不明

福井万穂
[PR]

 沖縄県与那国島与那国町)で、飼い犬が原因不明で死ぬ事例が相次いでいる。沖縄県警八重山署によると、18日までの約3週間で、約10世帯の約10匹が死んでいた。目立った外傷はなく、死ぬ直前の症状は嘔吐(おうと)したり、血を吐いたりなど様々。事件事故の両面から調べている。

 八重山署によると、死んだのは4月下旬以降。成犬がほとんどで、いずれも自宅の庭など屋外で飼われていた。17日に地元住民から「複数の犬が死んでいる」と署に通報があった。何かを食べたり、食べさせられたりした可能性のほか、病気の可能性もあるとして、八重山署は保健所と協力して原因を調べる。不審な人物の目撃情報がないか、情報提供も呼びかけている。(福井万穂)