第1回危機の大阪、夜を駆ける往診医 自宅療養1万人超の衝撃

有料会員記事

竹野内崇宏
【動画】大阪府内で自宅療養する新型コロナウイルス感染者を支える往診医に同行した=ファストドクター提供、映像の一部を加工しています
[PR]

記者が見た 夜通しの往診6時間

 新型コロナウイルス患者の自宅に防護服を着て入り、酸素吸入や薬の処方にあたる。症状の急変に直面し、深夜に入院調整に追われることもある。自宅療養者の命を守るのは夜間往診の医師らだ。感染が拡大し、入院先がなかなか見つからない大阪府では、自宅にとどまらざるを得ない患者が1万人以上いる。崩壊が忍び寄る医療を、現場で懸命に支える往診医に同行取材した。

 「38度台の熱。既往に糖尿病と高血圧。はい、わかりました」

 5月中旬、雨の降るある夜、府内を走る車の中で内科医利根川玲奈(れいな)さん(34)の携帯電話に看護師から連絡が入った。新型コロナで自宅療養をしている60代男性宅への往診の依頼だ。

写真・図版
深夜、大阪府内の新型コロナウイルスの自宅療養者の往診に向かう医師の利根川玲奈さん=2021年5月中旬、竹野内崇宏撮影

 依頼したのは、大阪府から自宅療養者の支援を委託されている医療サービス企業「ファストドクター」(本社・東京)だ。

 保健所を通じて、病状の変化や不安を感じた自宅療養者から同社のコールセンターに相談が寄せられ、緊急性が高いと判断された患者宅には、連絡を受けて医師や看護師が駆けつける。利根川さんもその1人だ。

 利根川さんの携帯に送信されてきた男性の問診記録には、肺の機能を示す「血中酸素飽和度」が朝から下がり続け、80%台前半しかないと記されていた。正常な酸素飽和度は96%以上とされる。

 「酸素飽和度が低い。急ぎましょう」

自宅療養者の命を守る往診医、逼迫する保健所。そして入院先が見つからない人々。医療崩壊の危機にある大阪のいまを、全5回でお伝えします。

■酸素飽和度 鳴り響く警報音…

この記事は有料会員記事です。残り2801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。