今年は開催 小澤征爾さん総監督の音楽フェス

羽場正浩
[PR]

 【長野】昨年はコロナ禍のために初めて中止となった「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」が、今年は8月22日~9月6日に開催される。指揮者にシャルル・デュトワさんらを迎える。チケットは7月10日から一斉販売される。

 実行委員会が18日に発表した。OMFは、世界的指揮者小澤征爾さん(85)が総監督を務める音楽の祭典。前身の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」が始まった1992年以来、昨年は初の中止だった。

 実行委は、新型コロナ対策をしっかり取りながら松本市内3カ所、長野市内1カ所を会場に開催すると発表。OMFの中心を担うサイトウ・キネン・オーケストラの指揮をするのは、小澤さんと親交が深いデュトワさんと、バッハの指揮者・演奏家として高い評価を受ける鈴木雅明さん。小澤さんが指揮をする予定はないが、総監督として松本市に来訪するという。

 コンサートのプログラムやイベントなどの詳しい日程は後日発表する。(羽場正浩)