大関朝乃山が休場 飲食店出入りの報道、一部認める

[PR]

 大相撲の大関朝乃山(27)が夏場所12日目の20日、日本相撲協会に休場を届け出た。19日に「文春オンライン」が、朝乃山新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下に接待を伴う飲食店に出入りしている疑いがあると報じていた。複数の関係者によると、協会の聴取に対し、報道内容の一部を認めたという。

 協会によると、朝乃山は19日の取組前に受けた聴取では、「事実無根」と報道を否定しており、そのまま取組に臨んだ。取組後、改めて聴取が行われていた。

 20日に代表取材に応じた師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)は「外出禁止の時期に外出してしまったので謹慎(休場)です」とし、当初朝乃山が否定していたことについては「そのことはノーコメント」と話した。

 協会は新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインで、力士の不要不急の外出について自粛を求めている。過去には、ガイドラインに違反したとして、三役経験者の阿炎(あび)や先代時津風親方(元幕内時津海)らが処分を受けている。

 夏場所11日目時点で7勝4敗の朝乃山はこのまま再出場しなければ負け越し、来場所はカド番になる。ガイドラインに違反して接待を伴う飲食店に出入りしていた阿炎は昨年8月、3場所出場停止などの処分を受け、幕内から幕下まで地位を落とした。