バイデン氏「大幅に緊張緩和を」 イスラエル首相に促す

有料会員記事

エルサレム=高野遼、清宮涼
[PR]

 バイデン米大統領は19日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話で協議し、「停戦に向けて今日、大幅に緊張緩和することを期待する」と伝え、これまでで最も強い言葉遣いで停戦への進展を促した。ただ、実際に早期の停戦合意が実現するかは不透明だ。

 パレスチナのガザ地区をめぐって戦闘状態となって以来、両者の電話会談は4回目。ネタニヤフ氏は会談後に声明を発表し、バイデン氏によるイスラエル自衛権への支持に感謝を表明したうえで「イスラエルの市民に静けさと安心を取り戻すという目的を達成するまで、この作戦を続ける決心がある」と述べた。

 米ホワイトハウスの発表によると両者は、イスラム組織ハマスの力が低下してきている現状や、周辺国と米国による外交努力の状況について話し合ったという。ジャンピエール副報道官は「我々のアプローチは静かに、集中的に、外交的に進めるものだ」として、引き続き水面下での協議を続ける意向を示した。

 またロイター通信によると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。