漫画「ベルセルク」を長期連載中 三浦建太郎さん死去

 漫画「ベルセルク」作者の三浦建太郎さんが6日、急性大動脈解離で死去した。54歳だった。連載誌「ヤングアニマル」を発行する白泉社が20日発表した。葬儀は家族で行った。

 1966年、千葉県生まれ。89年に描き始めた「ベルセルク」は、巨大な剣を振るう戦士ガッツが魔物らと闘う壮大なダークファンタジー。ページの隅々まで描線で埋めるちみつな描き込みが特徴で、最近は連載が不定期になっていた。最後の連載は今年1月22日発売のヤングアニマル3号。ヒロインのキャスカとガッツの再会などを描いた最新40巻が出たのは2018年だった。単行本は全世界で累計5千万部(電子版含む)。02年には第6回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)優秀賞を受賞した。テレビや映画で度々アニメ化もされた。

Gペンの線、念こもる「ベルセルク」三浦建太郎さん死去

2002年に第6回手塚治虫文化賞の優秀賞に選ばれた際、「ベルセルク」について語っていました。当時の記事を紹介します。

 同誌編集部は以下のコメントを発表した。

 三浦建太郎先生の突然の訃報に接し、ヤングアニマル編集部は深い悲しみに包まれています。

 この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした。

 どうかファンの皆様、関係者の皆様、三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。