中山防衛副大臣、国会審議に遅刻で流会「心よりおわび」

松山尚幹、菅原普
[PR]

 中山泰秀防衛副大臣が20日午前の参院外交防衛委員会に遅刻した。このため、午前10時から予定していた質疑が取りやめになった。この日は、イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザ地区の武装勢力との軍事衝突をめぐり、中山氏が「私達(たち)の心はイスラエルと共にあります」とツイートしたことを野党が質問予定だった。

 質疑では、最初に質問予定だった自民党が質問時間を返上したため、立憲民主党白真勲氏が繰り上げで質問することになった。白氏は中山氏のツイートなどについて質問するため、同氏に出席を求めていた。

 しかし、予定の10時になっても中山氏が現れず委員会の取りやめが決まった。

 その後、中山氏は同委員会に属する参院議員らの事務所を「おわび行脚」して回った。その際に記者団に対し、「事務方と国会の時間調整のミスということで真摯(しんし)に心よりおわび申し上げたい」と話した。

 中山氏は防衛省新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を担う防衛省の対策本部長も務めている。政務三役の遅刻をめぐっては、三原じゅん子・厚労副大臣が13日の参院厚労委に遅刻して謝罪したばかり。立憲民主党泉健太政調会長は「政務三役の遅刻は、民主党政権の時は激しく自民党から攻撃を受け、辞任するケースもあった。その自覚が今の自民党にあるのか」と批判した。(松山尚幹、菅原普)